ソーフィーナ クッション泡洗顔料について

facewash_mainCotente_title01_pc

ソフィーナ クッション泡洗顔料を使っています。
肌質は、Tゾーンは、テカるのに、口元や、目元は、かさつく、混合肌です。肌のざらつきも、気になります。また、ちょっとでも、刺激を与えると、すぐに、 皮むけをしてしまう、敏感肌でもあります。スキンケアは、とにかく、力を加えず、刺激を与えず、こすらず、ていねいにを、心がけています。

い ろいろと、洗顔料を試してみたのですが、泡立ちが悪く、肌を、こすって洗ったために、カサカサになったり、洗浄力が強すぎて、肌のうるおいまで、うばって しまい、かわむけしたり、あまりにも、すすぎを何回もしなくてはいけなくなって、乾燥したりして、悩んでいました。洗顔料は、やはり、泡たちが良く、弾力 がある泡ができて、すすぎの時に、泡切れが良いものがいいということで、この洗顔料にたどり着きました。

この洗顔料は、まず、泡立てネットで、泡立てると、もこもこで、ふわふわの、きめ細やかな泡ができます。その泡が、肌に密着して、肌に、負担をかけず、気持ちよく、洗顔することができます。また、ショウキョウエキス、アミノ酸系保湿成分、グリセリンなどの、美容成分が入っているので、洗った後も、突っ張ることがなく、洗顔後も、肌が乾燥することなく、洗い上がりが、しっとりとしています。
潤いが残っているということは、汚れも落ちていないのではないかと、心配でしたが、うるおいは、しっかり守りながら、汚れだけを、浮かせて、落とすという、SPT(肌洗浄化技術)という、機能があるようで、ざらつきも、感じなくなり、汚れ落ちも、良いように感じました。これだけ、ふわふわの濃密泡なので、泡切れが、悪いかというと、そのようなことは無く、すすぎをすると、泡は、すんなりと、消えてしまうので、洗いすぎも防ぐことができます。

洗顔は、スキンケアの基本なので、やはり、良い洗顔料を使うことは、大切だと、気付かされた、一品です。

 

もちもちの泡が、毛穴の汚れを吸着してくれる!

KE121_350A

お 気に入りの洗顔フォームは、花王ソフィーナクッション泡洗顔料です。これを知ったきっかけは、実は同系列の花王の通販限定化粧品オリエナのもっちり泡洗顔 料からでした。良い洗顔フォームをネットの評判などを参考に探していた際に見つけたものです。評判に惹かれ即購入してみると、本当にクリームのようなもちもちの泡が簡単に作れました。その泡が、毛穴の汚れをスッキリ吸着してくれるため、洗い流した後の素肌はワントーン明るくなり、もちもちしています。

毛穴が開き気味で脂性のため、毛穴の汚れやクスミが悩みでした。しかし肌荒れしやすい側面もあったので、刺激の強いものは使用できません。この商品は刺激も少なく、毛穴の汚れもスッキリ洗い流してくれるので、自分の肌に最適だと感じました。数 か月使い続けていたのですが、その頃、同じ花王でソフィーナクッション泡洗顔料が発売されているのをCMで知りました。ネットで調べると、ほぼ同等の商品 であることが分かりました。価格もほぼ同であったので、ドラッグストアなどでも購入できる利便性を考え、こちらに切り替えてみました。

使用感はほぼ同じでした。泡の状態も使い心地も満足できるものでした。この洗顔料は、ネットを使うとすぐに泡立ちます。何度も泡立てる手間がなく、その手軽さも魅力です。ネットが無いとあまり泡立ちませんが、商品には必ず専用ネットが付属されているので便利です。

洗顔料は泡が命と以前から感じていたので、この商品は本当に使いやすく効果も期待できます。今まで他の洗顔フォームをあれこれ試しましたが、洗い上がりのスッキリ感がこれ以上のものに出会ったことがありません。誰しも毛穴の汚れやクスミは気になるものなので、この洗顔料は万人受けする商品ではと、感じます。美しい肌の基本はやはり洗顔です。美肌を目指している人や良い洗顔料を探している人にはぜひおすすめしたい商品です。

洗顔料と洗顔石鹸はどっちがいい??

これは一概に答えがない永遠のテーマですが一般的にはお肌が強くオイリー肌には洗顔料を!
お肌が弱く敏感肌の人には洗顔石鹸が効果的です。アトピーや界面活性剤不使用を選択する場合、洗顔石鹸を選ぶべきでしょう!
洗顔料を選ぶ場合、良く汚れが落ちるスクラブなども視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です